不動産の管理に必要な資格とは

役立つ資格は何か

役立ちそうな資格の選び方

不動産取引に関わる資格と言うと宅地建物取引士が思い浮かぶ人も多いでしょう。
この資格では不動産管理に関わる法律である宅地建物取引業法や建築基準法、借地借家法だけでなく、その部分に関わる民法や税法など不動産を管理する為に必要な知識を得る事ができます。

そのことにより不動産投資に関わるトラブルをあらかじめ避けることが出来たり、適切に対応することも可能になるので、不動産管理において適切な知識や判断力や決断力を求めるならおすすめです。

不動産に詳しくなくても知っている人が多い資格でもあるので信頼度もアップすると言う点では強みですが、自己所有物件を管理するだけであるのなら不要な資格でもあります。
有名な資格であっても自分にとって有利であるかは検討する必要がありそうですね。

国家資格から民間資格まで様々

資格は国家資格から民間資格まで様々で、難易度の高い資格もあれば、セミナーを受講して簡単なテストを受けるだけで発行される民間資格があります。

不動産鑑定士は並ぶ最大難関と言われている資格で、民法、経済学、会計学など不動産以外の知識を学ばなければなりません。
勉強が得意で勉強に力を入れる時間や費用があればチャレンジする価値はあるでしょう。

そこまで本格的なものは望まないが投資を有利にする幅広い知識が欲しいというなら同じ国家資格のファイナンシャルプランナーを取得すると言うのも一つの手です。
不動産に直接関係してはいませんが投資をするにはプランニングの知識やセンスが必要になるでしょう。

どちらの資格も不動産取得しておけば投資以外にも役立ちそうですね。
多方向から考えて自分にとって有利な資格を選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る