不動産の管理に必要な資格とは

不動産を管理する為の資格

無資格で不動産投資をしても違法ではない

資格がないとダメだと言う解釈方法が人によって違うので勘違いをしやすいのですが、不動産投資目的で不動産管理をする場合には資格がなくても違法ではありません。

ダメと聞くと違法行為に該当するように受けとめてしまうかもしれませんが、そういった面で解釈するならば資格は必要ありません。
だからと言って資格が必要だと言っている人たちが嘘をついているのかというとそれも違います。
仕事で不動産屋に勤務していたりなど特殊な場合は別として、不動産業界は専門用語も多いですし普段聞きなれない言葉は素人にはわかりにくいと感じる事も多いです。
不動産投資を考える時は家賃収入で利益をあげたいなど個々の目的があるのではないでしょうか。
それならば、ある程度の知識がないと難しいと言う意味で資格が必要だと言われているのです。

知識やスキルを身に着けるのに資格は有利

よっぽど勉強が得意な人なら別ですが、資格やスキルを身につける為の勉強するのは簡単な事ではありません。
何から覚えたら良いのかも、どこまで覚えたら良いのかもわかりにくいです。

資格の場合は、目的に合わせてどの資格を取得する必要があるのか目標を定めやすくなります。
不動産関連の資格には国家資格も多く存在していますが、それならば書店で資格取得に向けたテキストも販売されていますし、インターネットでも勉強方法に関する情報が手に入りやすいので、何を勉強したら良いのかが具体的でわかりやすいです。

知識とスキルを得たいのならまずは資格取得を目的とした勉強をする事をおすすめします。
その方が集中して勉強することが出来そうですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る